Aqua Catの電子釣果

~弱小エンジニアの備忘録とガジェット~

アレ用のアレ。メモ帳からxmlファイルを作る方法

初めに

当ブログにて公開しているタイムラインですが、xmlにできないという質問がいくつかあるので手順をまとめました。

 

最初の確認項目

拡張子を表示させる必要がありますのでエクスプローラーから

『表示』→『ファイル名拡張子』のチェックボックスをチェックしておきます。

f:id:AquaCat:20220114092423p:plain

 

テキストをコピーする

コピペしたい部分をビ~っとコピーします。

f:id:AquaCat:20220114093104p:plain

*実はこのブログ、周りのテキスト数を頑張って減らしてるので『すべて選択』でコピーした後、上下の不要なテキスト部分削除するほうが手間がかからないと思います。ちなみにすべて選択の方法は必要範囲が分かる人がしてね☆

 

メモ帳に張り付け、UTF-8にて保存する

メモ帳にコピーしたテキストを貼り付け、『ファイル』→『名前を付けて保存』

文字コードUTF-8になっていることを確認して任意の場所に保存します。

f:id:AquaCat:20220114102033p:plain

 

xmlへ変更する

保存したディレクトリを開き、対象のファイルが"ファイル名".txtになっていますので

"ファイル名".xmlへ変更します。

この際、拡張子を変更するとファイルが使えなくなる可能性があります。といった警告が出ますが『はい』を押して変更します。

f:id:AquaCat:20220114103108p:plain

 

xmlをスペスペタイムラインとしてロードする。

\ACT.Hojoring\resources\timelineのディレクトリを開き、作成したxmlファイルを保存します。

こちらでACT起動時にタイムラインのデータとして読み込まれます。

ファイルに何らかの問題があった場合、起動時にエラーが表示されますのでエラー内容の訂正又はxmlを削除して再度作成し直してください。

f:id:AquaCat:20220114103652p:plain