Aqua Catの電子釣果

~弱小エンジニアの備忘録とガジェット~

今後のタイムラインについて

はじめに

どうもAqua Catです。今回の記事はほぼお気持ち表明記事なので苦手な方は閉じちゃってください。

 

結論から言うと作成したタイムラインがライセンスを無視した状態で丸パクリされており、このままだとここで公開する意味がないので辞める可能性があるという事です。

 

作成したタイムラインが丸々パクられている

まぁ上記の通りです。細かな説明をすると僕の作成しているタイムラインはクリエイティブコモンズのCC-BY SAで配布しており、 <author>に書いてある名前を残せば編集・再配布を許可しています。

(つまり複数人でバージョンアップが進めば複数人の <author>が載ります。)

私の作成するタイムラインは公開するスピードや安定性を重視しておりひな形として使ってもらえればいいなぁ程度の考えで公開していました。

ところがこれをほぼ丸コピした挙句、<author>を自分の名前だけに書き換えて配布しているライセンス違反してる輩が居るんですね。まだ個人や仲間内だけでならいいのですが大々的にWebページまで作って配布しているんですね。広告付きで。

元々は自分の小さな自己顕示欲を満たすために始めた行為ですが、とある事でがっくりりしてしまいました。それがこちら。

f:id:AquaCat:20220104000022p:plain

Jyoshiko Siong様が英語クライアントで動くようにしたよ~って内容なのですが<author>がパクってる奴の名前になってるんですね。おそらくそれを拾ってJyoshiko Siong様はライセンスに基づいて<author>に自分の名前を追記しています。

これを見てしまってかなり感情に効きました。パクリの養分になるなら作ったタイムラインの公開を辞めようと思った次第です。

(念のため書きますがJyoshiko Siong様は何も悪いことはしていません。ルールを守ってます。)

 

パクラインはここで配布されている

さて、件の丸パクリで配布されているページがこちら。

https://ff14-act.com/category/hojoring/timeline/

確実にコピーしていると断言できるのはグンヒルドと極ハイデリン。

(記述の特徴やメモ書き、手動で調整などかけた時間が全く同じ。生成ではありえない+30秒などをしてシンクタイムで調整しているので見れば一発で分かる。)

確実と言えるのが上記ですが他にも疑惑は多数ありますし、他の作者様からも丸コピした上で作成者を改変し転載しているようです。

 

ムカつくから反撃する

公開を止めてしまうのが一番の対策にはなりますが、せっかくここまでアクセス数があり多くの人に見て頂いてるので私ひとつの気持ちですぐに止めてしまうのもどうかと思っています。

明確なライセンス違反をしている以上、反撃の手段がありますのでやってみましょう。

とりあえずは"通報"によってアフィリエイトを止める、運営する意味を削ぐという手段に出ようと思います。

つまり記事の趣旨は困ってるから通報して欲しいというお願いです。

 

通報先について

FANZA(DMM)の広告がついているのでこちらから通報を

規約違反行為の通報について - DMM アフィリエイト

通報の内容については

クリエイティブコモンズのライセンス違反し、他人の創作物を転載している。」

といった旨の内容で結構です。

サーバー運営側への通報は書面のみでしたのでこちらは結構です。自分で出すかぁ。

 

運営者が見ているなら

ライセンスを守ればこんな手段には出なかったし、Twitterでは何度か警告したのに変わったのは1回でしたね?

連絡はしてこなくてもいいので記事が修正されればこの記事は公開取り下げます。

 

今後について

4時間以上かけて作成して、動作もチェックや微調整に行って公開しているというのに1日も立たずに転載された挙句

作成者の名前は書き換え、協力者であるSPECIAL THANKSの記載を削除し

コメントを『ざっくりのドラフト版』などと書き換えているのにはムカついていましたが流石に(ほぼ)他人の創作物だけで運営している状態だったので看過しないことにしました。

今後も同じようなライセンスを違反した出来事が目に付けばこのブログでの公開は辞め、連絡くれた方だけに配布する形に変えようと思います。

 

既に編集して公開されている方はCC-BY SA、つまりauthorの表記を守ってさえいれば編集・再配布は許可されています。守っている方は遠慮なく編集公開してください。

(私のひな形を利用してロール別に最適化されたタイムラインとかが返ってくるのを期待してます。そんな期待があるのに表記塗りつぶされてるからやるせないんだよなぁ。)

これ以上書いても文句をだらだら羅列しそうなので下記に小言を残してこの辺にしようと思います。それでは。

 

なぜテキスト平文でタイムラインを公開するかについて

稀にxmlで公開していないのですか?と言われるのですがある程度に理由があります。

・自身で編集する方法を知ってほしい。

テキストファイルにペーストし、xmlに拡張子を変える・・・この簡単な手順タイムラインの編集ができると知ってほしいからです。

(もっと細かな事を言えばタイムラインの記載はマークアップランゲージと言われる立派なプログラム言語です。タイムラインの編集=一種のプログラミングなんですね。こんな簡単なプログラミングがある事を是非知ってほしい。)

ウイルス対策になるから

自分でビルドするのでウイルスの付けようがありません。広く使って欲しいのでこの方法を取っています。